イメージ画像

バストアップサプリの成分、ワイルドヤムとは

バストアップサプリメントランキングでもよく見かけるサプリに良く使われているハーブにプラセンタがありますが、それ以外の人気のものとして、ワイルドヤムがあります。

ワイルドヤムは直訳すると野生の山芋。あまり多くの量が収穫できない珍しいハーブで、国内では天然のワイルドヤムはなく、栽培もされていません。

そのため、海外から仕入れるというのが一般的なルートです。 北アメリカが主な産地で、他には中南米や亜熱帯地域でも栽培が行われています。

ワイルドヤムは女性ホルモンの二種類あるうちの一方、プロゲステロンと同じような働きをします。そのため、そのため、女性ホルモンの効果を促進する事ができます。

ちなみにプエラリアはエストロゲンという女性ホルモンと似た働きをするため、同じバストアップサプリでも少し性質が異なるのです。

また、生理に関するトラブルにも効果があり ます。生理痛、生理不順などはワイルドヤムにより改善される事があります。

またもうひとつ、ワイルドヤムには女性らしい美しいボディラインを作る効果もあります。この効果はプエラリアよりも高いと言われているため、バストアップ以外にも全体のラインを整えたいという方にはワイルドヤムがお勧めです。

まさに女性にとって嬉しい効果がたくさん詰まったハーブと言えます。飲み方にはタイミングがあり、女性ホルモンに働きかけるため、排卵の後に飲みます。10~14日くらいの期間で飲んでいけばバストアップの効果が高まります。

気を付ける点としては、ワイルドヤムが似た働きをするプロゲステロンは、女性の子宮の機能を守る働きを行っています。子宮の内膜を保護したり、子宮筋肉の緊張を和らげたりする働きを持っているのです。

そのため、ワイルドヤムの入ったサプリを飲む時には気をつけたい点もあります。子宮に関する病気を患っている方は飲むのを避けた方がよいでしょう。

また、避妊薬を使っている方も同様です。こういった方はプエラリアを検討すると良いです。

バストアップサプリメントのデメリットとは?

バストのサイズを大きくする手段のひとつとして、サプリメントがあります。サプリメントはバストの成長に関わる女性ホルモンに着目した手段ですので、トレーニングや補正下着などとは異なり体の内側からバストアップへとアプローチすることが可能ですね。

もちろん個人差がありますが、実際にサプリメントでバストアップに成功した声も多く、バストサイズにコンプレックスを抱いている女性の中には、サプリメントに挑戦しようとお考えの方も少なくはないでしょう。

そんなサプリメントによるバストアップですが、じつは良いこと尽くめというわけではありません。大きなデメリットとしてあげられるのは、飲むことを止めてしまうと、バストサイズが小さくなってしまう可能性があるということです。

バストアップサプリメントを飲むと、私たちの体にもともと存在している女性ホルモンに似た働きをする有効成分が上乗せされます。

その成分の働きによって、バストアップを叶えてくれるということなのですが、もしも飲む事を止めてしまった際、その有効成分がなくなってしまうという事になるのです。

これまで上乗せされていた物が入ってこないので、バストの弾力や大きさがもともとのサイズに戻ってしまいます。

ただし、これはすべてのケースに当てはまるわけではありません。確率としては、たしかに小さく戻ってしまう可能性が高いのですが、小さくならなかった方も存在しているのです。

どうすれば、バストアップサプリメントを飲まなくなった後もサイズを維持できるのでしょう?

ポイントは、サプリメントだけに頼ったバストアップをしない、という点です。食生活や生活週間、またトレーニングやマッサージなど、常日頃さまざまなアングルからバストアップを意識していれば、飲まなくなったサプリメントの影響も少なく、バストのサイズも変化しないままで維持することができると言われています。

バストアップサプリメントは、効果的なバストアップ法です。せっかく飲むのであれば、その効果が失われないような努力もしてみてくださいね。

ノーブラがバストに与える影響とは?

「ブラジャーをつけていないと、おっぱいが垂れちゃう。」ほとんどの女性は常識的に知っているはずのバストアップ知識ですが、ブラジャーの付け心地を窮屈に感じている方も多いでしょう。

夜寝る時はノーブラ派の方もい多いでしょうし、1日外出する予定がないと、ついついノーブラで1日を過ごしてしまう・・・という女性も多いのではないでしょうか?

また、最近ではワイヤーもなく付け心地の良いブラキャミもたくさん登場してきました。付けていないよりはいいでしょ!と、特に夏場はブラキャミで過ごしている女性も多いでしょう。

「できることなら、つけないでいたい・・・。」といったブラジャー離れは、バストアップの妨げになってしまいます。ここでは、ノーブラがバストにどのような影響を与えているのかをお話しいたします。

そもそも10代の頃と大人とでは、バストの位置が変わってきます。なんだか昔よりもバストの形が悪くなっていると感じることはありませんか?これはバストの上部分にあるクーパー靭帯と呼ばれるものが深く関わっています。

クーパー靭帯はバストの位置を高く持ち上げている役割を担っているのですが、強い揺れやマッサージなどで切れてしまい、しかも一度切れると元に戻ることはありません。

ノーブラでいるということは、バストに揺れや刺激を与え続けているという事です。つまり、このクーパー靭帯が切れやすい環境になってしまっているという事ですね。

クーパー靭帯のきれてしまったバストは、お肉が脇や背中に流れ位置も低く垂れていきます。次第にバストは小さく、また輪郭も曖昧な状態になってしまうのです。

キャミブラやノーブラは、バストやクーパー靭帯を無防備な状態に晒しているということになってしまいます。もしもあなたがバストアップを目指しているのであれば、ノーブラの習慣は今すぐに直してください。

バストアップとノーブラは相反するものです。正しくブラジャーを装着し、綺麗なボディラインをキープさせてくださいね。

このページの先頭へ